101番目の小さな宝石店/ホーム

サイトマップ

職人こだわり 熟練の技

101番目の小さな宝石店TOP > 職人こだわり 熟練の技

熟練の技

職人は腕が勝負です。熟練した技と、こだわりが職人の腕に優劣をつけます。
1年くらいの見習いとその道30年のベテランでは、腕の差は歴然です。長くやってるから、うまいと言うわけではありませんがある程度すると腕の良し悪しは出てくるものです。

そんな宝石職人の技とこだわりを、ご紹介します。
ジュエリーは、高い買い物ですから、少しは知っていても損は無いと思います。

爪留め

爪留め


左の写真は、宝石の留め技。
単にしっかり留めるだけではなく、美しく機能的に留めます。板で囲うと重々しくなり光も遮断されます。2段にする事によって光を多く取り入れながら、かつ石がちょっとでもずれないようにしっかり固定できます。

爪留め爪留め


次の写真は、ワイヤーのように細く美しい
ラインを見せながらしっかりとすべての石を固定します。下からなだらかな曲線で接合し石座が服などに引っかからないようにしています。デザイン的にも目立たずさりげなく石を留めることができます。

彫り留め

石留めは、いろいろな種類がありますが中でも熟練を要するものの1つが彫り留めです。地金を彫り、そこから爪をおこして留めます。難しい技術で、きれいに留めるには10年かかるといわれています。

 

 


ビシっと綺麗な直線
ダイアモンドが額に入っているかのような美しいライン。
18金を彫り 爪を造りながらダイアを綺麗にそろえて留めていきます。

技術がないと、爪がやたら大きかったり、形がバラバラだったり、額のような直線がヨレていたりします。彫って爪をおこすわけですから、やり直しは利きません。一発勝負です。熟練とセンスが問われる技術なのです。

ミル打ち

 

細かい珠のような連なりを縁取りのように施す細工です。 アンティークの宝飾品によく見られる技術。
同じ形、同じ大きさで繊細に入れていきます。

ミル打ちを施すとキラキラ輝きます。それと同時に細かな陰影が出るのです。
輝きがなくなっても、奥行きのある立体感が味のある雰囲気になります。アンティークジュエリーが、魅力的なのには、ミル打ちが一役買っているかもしないですね

裏の仕上げ

 


ジュエリーはよく裏をみろ といわれます。
裏側にこそ、仕事の良し悪しが出ると言うのです。

光がたくさん入るように大きく窓をあけながら 指あたりを大切にし適度な太さで滑らかに仕上げます。
指が直に当たる部分ですから滑らかに、指のカーブにも合わせています。

裏の仕上げ


 

 

 

 

この写真は、裏抜きの写真。
抜くと言うと、手抜きのようですがそうではありません。デザイン上、リングが重たくなりすぎないように、空間をつくります。指に当たる部分は、厚みをつけて指あたりを良くする気配りも忘れていません。

 

ライン

デザインって大事ですよね。一生懸命、デザイナーさんが考えて描いたデザイン画もしくは、お客様が一生懸命考えたデザイン。でも、それを3次元に表現して造り上げるのは職人です。いくら良いデザインでも、平面状の2次元の絵を立体化する腕がないと台無しなんです。

ラインと言うかカーブと言うか、曲線の表現が難しいのです。デザインの通りに造れる腕がないといけないのはもちろんですが逆に、デザインの通りに造っても、バランスが悪い場合もあります。
こんな時は、職人の長年の経験でデザインと違うバランスで造る、そんなセンスと器量が必要になってきます。
デザインは、2次元ですから3次元にあらわすと、バランスが崩れるときも、よくあるのです。

裏の仕上げ


このリングは、中石をきれいなラインで包み込むようにデザインされています。奥行きをうまく使って、奥を細くすることで、よりきれいなラインに見せています。

裏の仕上げ


このリングは、石留めとは関係ない部分も地金だけでデザインされています。ただ曲げるのではなく、地金の厚みを使い表面の傾斜を巧みに変化させて曲線の内側を重く、外側を軽く見せてなだらかなラインを造り上げています。

裏の仕上げ


このリングは、一見するとなんてことはない曲線ですが、上から左下に向かって次第に傾斜をきつくしてきれいなラインを形成しています。ラインもみだれがありません。

パーツに分ける

デザインによっては、いくつかのパーツに分けて造る場合もあります。石座だけを造り、腕の部分は別にしたりバチカン部分(ペンダントのチェーンをつるす部分)と本体を別に造ったり、たくさんの石座があって、それぞれを最後に組み立てたりなど様々です。
しかし、ちょっとした気配りで、デザイン上にはないパーツを造ることもあります。
実際に、お客様がジュエリーを身に着けたときの事を考えるのです。

パーツ別構造


この写真は、ペンダントです。
バチカン部分と本体が別パーツになっているのが見えるでしょうか。

デザイン上は、一体型でした。しかし、中石の位置とバチカンの厚みを考えるとペンダントをしたときに本体が浮いてしまう事があると職人は考えたのです。
人の体は、平らではないので平らでなくてもぴったり納まるようにデザイン上、長さのほぼ三分の一の部分が少し曲がるように別パーツにしたのです。

二段処理

これは、私が職人を困らせた究極の技です。やり直しが何度もあったんですが、中でも2つの石を段違いで留めるという難題をうまくこなしてくれました。
2種類の色石を使うのも、珍しいことでしたがそれを、上下で重ねるように留めるなんて今まで見たことがなかったのです。重ねると、タガネが入らないので、留められないからです。

二段処理 二段処理

見てください。赤い石の上にプラチナが覆いかぶさって、重なっているでしょう。
フクリン留めといって、丸くきれいに赤い石が石留めされていますが、これは上からプラチナをたたいて丸く留めていくのです。隙間がないので、たたけない。そこをうまく克服してくれました。
いかがでしたか。少しだけ、職人のこだわりと熟練の技がご理解いただけたのではないでしょうか。
ご紹介した写真のジュエリーは全て当社でご注文を受けて製作した作品です。
職人も、海外ブランドや一流高級宝飾店の仕事をこなしている熟練です。
本物のジュエリーにこだわる当社では、石だけではなく、加工技術にもこだわってオリジナルジュエリーを製作しています。私たちは、本当の美しいジュエリーをみなさまにお届けしたいのです。

ページ上部へ